未婚@情報ナビ

未婚の対策

政府の対応

未婚・晩婚化の対策として、「男女雇用機会均等法」があります。これは、雇用における男女の均等な機会と待遇確保のために設けられた法律ですが、これが返って未婚化促進に繋がったのです。女性の給与が上がり、女一人でも生きていける世の中になったのです。

一人の方が気楽、或いは結婚相手に選ぶ男性の条件が厳しくなったのです。女の地位が上がった結果なのです。その癖、電車などで、女性専用車があるというのは矛盾している、おかしな世界です。次に、「育児・介護休業法」というのがありますが、これには強制力がないのです。

実際、育児のために長期休暇をとれるのは公務員や、大企業で働く正社員のみなのです。大部分の中小企業、派遣社員、契約(期間)社員などはそんな余裕がなく、休めないのが実状です。仮に、育児のための長期休暇すれば、必然的に解雇、戻る場所がなくなってしまうのです。これは、男女ともそうです。

その他、保育園の設立や子供手当て(3歳未満は上乗せ)などの政策を行っているが、どれも小手先なのです。子供手当てについては、小学校、中学校、高校に進むにつれ、経済的 な負担が大きくなるのに、分けがわからん。もう一度、初心(戦前)に戻るべきです。

未婚の基礎知識

未婚のメリット

未婚のデメリット

未婚の対策

未婚の母

未婚増加の原因

婚活ドラマから学ぶ

Copyright (C) 未婚@情報ナビ All Rights Reserved