未婚@情報ナビ

未婚の母

未婚で出産

一般的に、子供を産むという行為は、その前提として「結婚」があります。しかし、未婚の母は、その名の通り「結婚せずに出産する」のです。一時の快楽のため、セックスという行為のみで子供を産むのです。極端な話、父親が誰なのか分からない場合も日常茶飯事なのです。

「未婚の母」になる人は、様々ですが、心の弱い、寂しい女性に多く見られる傾向があります。16歳で子供を産んだ人もいれば、39歳で産んだ人もいるのです。また、生活保護を受けている人もいれば、年収900万円以上の人もいるのです。

この人達は、育ってきた家庭環境に問題があることが多いのです。これまでの家庭が素晴らしいものだと思えなかった故に、不道徳というレッテルを貼られても未婚の母になる道を進むしかなかったのです。

厚生労働省の人口動態調査によると、日本では、未婚の母による出生率(婚外子出生率)は、1947年頃は戦後の混乱期ということもあり、4%近くに達していたが、その後2000年頃までは低下を続けていたが、最近は少し上昇傾向にあります。

とはいえ、2%程度なので、他の国と比べれば、はるかに少ないのです。例えば、アメリカの場合、婚外子出生率は全体で40%を超えており、白人が29%程度、ヒスパニックが50%程度、黒人に至っては70%以上という調査結果があります。これは、日本との文化や社会の違いによるものなのです。

国や社会全体が「結婚しないまま子供を出産する」ということを容認し、支援する仕組み作りが出来ているというのです。一方、日本では皆婚慣習が強く、未婚の母への風当たりが強いのです。

未婚の基礎知識

未婚のメリット

未婚のデメリット

未婚の対策

未婚の母

未婚増加の原因

婚活ドラマから学ぶ

Copyright (C) 未婚@情報ナビ All Rights Reserved