未婚@情報ナビ

未婚の母

保障

未婚の母というと、父親が認知されていない場合もあり、何の保障もなく、世間の風当たりは強く、厳しい生活を強いられることが多いです。一般的な「シングルマザー」と言えば、一度は結婚して離婚した場合も含まれており、こういった場合は保障などについて話し合いなどで決めることができます。

しかし、未婚の母となると、事情は異なります。父親が認知されていない場合は勿論のこと、父親が認知されていても双方に関係を持ちたくない場合もあるからです。そういった場合には、お金などの援助は難しいでしょう。

一方、社会保障についても当てになりません。役所では、ただの独身扱いとされ、「母子家庭」と認定されずに、手当を廃止される場合もあるそうです。また、例え、国からいくらか援助があったとしても、今のコロコロ変わる政治で、無くなったり、改変されたりするのです。

国のお偉いさんと呼ばれる人達は、何も反抗しない弱い人達を切り捨てる世の中なのです。

とは言え、後ろ向きな事ばかりを考えていても仕方がないのです。当然ながら仕事をしなければ生きていけません。正社員に超したことはないのですが、アルバイト・派遣やSOHOなどにも目を向ける必要があります。

でないと、この不況の今、唯でさえ、仕事がない時代なのですから。そして、最悪のこと(例えば、自分が死亡したこと)を考えて、生命保険や医療保険などに加入し、子供さんが生きていけるような保障を準備しておきましょう。これらの生活設計について、民間のカウンセラーを受ける方法もありますので、インターネットなどで検索するとよいでしょう。

未婚の基礎知識

未婚のメリット

未婚のデメリット

未婚の対策

未婚の母

未婚増加の原因

婚活ドラマから学ぶ

Copyright (C) 未婚@情報ナビ All Rights Reserved