未婚@情報ナビ

未婚の母

戸籍

婚外子は、妊娠中に父親がいるか、いないかによって決まります。婚外子となった場合は、父親の認知の有無に関わらず、母の戸籍に入ることになります。父への戸籍の変更は可能で、家庭裁判所の許可によって行われます。

2004年11月1日までは、戸籍謄本に婚内子であれば、「長男・長女・二男・二女・・・」、婚外子の場合は、「男・女」というように分けて記載されていましたが、最近は「長男・長女・二男・二女・・・」に統一するようになってきています。

婚外子を「男・女」と記載することは、プライバシーの侵害に当たるとして、2004年3月2日の東京地裁の判決で改正されました。但し、既に出生届を提出している婚外子については、「男・女」表記のままで、当事者の申請によって初めて更生されます。出生順などを調べるのに時間がかかるというのです。

戸籍謄本の「男・女」表記は止めても父親欄が空欄だったり、戸籍の身分事項欄などを見れば分かるため、婚外子への差別はなくならないでしょう。入学試験や就職などで、戸籍謄本を提出させるところは、不利に働くかもしれません。

それによって、落とされることは否定できません。また、結婚する際には戸籍謄本が必要になり、婚姻届と一緒に役所へ提出します。また、稀に結婚前に相手方から戸籍謄本を請求されることもあるでしょう。

そうした場合、相手方の考え方によりますが、結婚取りやめということもあります。このように、更生後の戸籍謄本についても見る人が見れば分かるので、婚外子への差別的な扱いはなくならないでしょう。

未婚の基礎知識

未婚のメリット

未婚のデメリット

未婚の対策

未婚の母

未婚増加の原因

婚活ドラマから学ぶ

Copyright (C) 未婚@情報ナビ All Rights Reserved