未婚@情報ナビ

未婚の基礎知識

未婚の定義

「未婚」は文字通り、「未だ結婚していない」ことを現わし、「独身」と同義として扱われることが多いのです。しかし、厳密にはこの2つは違います。未婚は婚姻歴がない、即ち一度も結婚したことがない人を指すのに対し、独身は一度は結婚して離婚した人(バツイチ)も含まれます。

また、未婚という用語は結婚する意志を持っているが、何らかの事情により結婚できない場合に使われます。それに対し、仕事や趣味など好きなことをして暮らすために、自ら結婚しない(結婚する意志がない)場合は、「非婚」と呼ばれているそうです。

現在の社会環境の中で、未婚(者)から非結(者)に変わる人も少なくないのです。つまり、若い頃は結婚に夢を見ていたが、歳をとるにつれて非婚を選ぶ人が増えているのです。

例えば、異性とうまくコミュニケーションがとれない、妻子を養うだけの経済力がない、親の介護で相手が見つからない等で、自ら結婚しない生き方を選ぶのです。これらの場合は未婚ではなく、非婚ですが、データ上の「未婚率」(後述)というと、未婚+非婚を指しているのです。何故なら、それらの諸事情などは分からなく、区別できないからです。

もう一つ、似たような用語に「単身」というものがあります。単身赴任など、男性に使う用語です。女性に使う場合は「未婚」、未婚の母などと言います。

という分けで、未婚とは、婚姻歴がなく、結婚する意志を持っている女性のことを指しますが、広義には性別関係なしに結婚していない人全体を示すことが多いのです。

未婚の基礎知識

未婚のメリット

未婚のデメリット

未婚の対策

未婚の母

未婚増加の原因

婚活ドラマから学ぶ

Copyright (C) 未婚@情報ナビ All Rights Reserved