未婚@情報ナビ

未婚増加の原因

自由恋愛の浸透

一昔前の日本では、親どうしが決めた「許婚(いいなずけ)」と結婚するのがほとんどでした。結婚は家どうしのもので、個人間のものではなかったのです。特に、家柄(家族構成)や職業を重視する傾向が強かったのです。

許婚とは、子供の頃に(本人の同意なしに)親どうしが結婚の約束をすることです。本人どうしが結婚相手を選んだり、選ばれたりできないが、逆に異性に対して奥手/話下手、自己表現が下手な人にとっては結婚しやすかったのではないでしょうか? 

しかし、極端な話、結婚するまで相手の顔すら知らなかったこともあったらしいです。また、許婚は金銭が絡むこともしばしば見受けられ、借金返済や会社の事業拡大のために、決められた相手と結婚を強要される場合もあったのです。(そのようなことは、今でも残っているかも?) 結婚というのは、本人(個人)よりも家のことを第一に考える時代だったのです。

ところが、個人の意思が尊重されるようになり、自由に恋愛できるようになると男女とも結婚したくても出来ない人が増加してきました。つまり、就職活動(就活)に例えるような積極的な活動を行わないと結婚が難しくなってきたのです。

自分の意思で結婚相手を自由に選べるようになったが、双方の結婚条件(理想)が高くなり、納得のいく相手を見つけられないのが現状です。特に、女性の男性に対する条件は厳しくなってきています。結果、今では、男女とも「モテる人間」(勝ち組)と「モテない人間」(負け組)の二極化が進んでいます。

未婚の基礎知識

未婚のメリット

未婚のデメリット

未婚の対策

未婚の母

未婚増加の原因

婚活ドラマから学ぶ

Copyright (C) 未婚@情報ナビ All Rights Reserved